[PR]

首のヘルニアでお困りの方は頚椎ヘルニア治療NAVI

膝の痛みが辛い方は
変形性膝関節症治療の
お悩み解決サイト


リノベーションのことでお悩みならリノベーション費用見積もり比較ナビへ

ゴルフの腰痛治療と体のバランスについて

ゴルフで腰痛になってしまったという話をよく聞きますが、ではゴルフは何故腰痛になりやすいのでしょうか。もちろんそこには、はっきりとした理由があります。

実際のスイングを見るとわかると思いますが、このスポーツでは意識して方向を変えない限り、常に同じ方向に捻っています。同じ方向にばかり力を入れることになるため、ゴルフで身体のバランスが崩れ腰痛になってしまうというわけです。

このようなゴルフのアンバランスが原因で腰痛になってしまったものの、接骨院などでマッサージを続けてもなかなか腰痛が改善しないという方もよくいらっしゃいます。

確かに腰痛はマッサージで一時的に改善はされますが、痛い部分を何度ほぐしても、ゴルフも含めた普段の生活習慣が変わらなければ結局、またバランスを崩して同じところを痛めてしまいます。

ゴルフをしていてこういった事態を防ぐには、普段のゴルフ練習からバランスをきちんと取ることを心がける必要があります。たとえばゴルフの練習をする時には、右利きの方であれば、左へも打つようにしてバランスを取るのです。

また、ゴルフのプロの中にはゴルフの練習時の左右の意識だけでなく、ゴルフでは右の筋肉を主に使うから日常生活では左の筋肉を使うよう意識しているという方もいます。

しかしこのような事実は意外と知られておらず、プロのゴルフプレイヤーであればともかく、アマチュアや趣味のゴルフプレイヤーではまず、左右のバランスを取るための動作はしていません。

そうしてバランスを崩した結果、身体を故障してしまうのです。ゴルフのスイングでは身体と腰をひねります。右側にばかり腰をひねっていたら、当然ですがその際に使う筋肉もいつも同じところばかりになってしまいます。

日常生活でまで、とは言いませんが、ゴルフの練習中やその後のストレッチなどでバランスを取ることを意識したいですね。バランスを取るためには、右と左のスイングを同じくらいする必要があると思ってください。別に、ボールを打つ必要はないのです。両方の方向へ体をひねり、バランスを取ることが重要なのですから。

自分が実際ゴルフをする時に使う方向への練習はボールを打ち、そうでない方向はボールを打たずにスイングだけ同じ回数行う。これだけで、バランスはかなり改善されます。

しかし普段使わない方向へのスイングもするというのはなかなかに大変です。慣れないスイングをすることで、筋肉痛になってしまうこともあるかもしれません。

また、マンション住まいで家ではゴルフの練習ができないなどの制限がある方ならゴルフ本番で使わないスイングまでやる時間はないという方もいるかもしれません。そういう場合には、別の手段としてストレッチでバランスを取るという方法はどうでしょうか。

ここでお薦めするのが、自宅で簡単にできる中川式腰痛治療法のストレッチです。これは腰痛を改善するために、プロのゴルフ選手やプロ野球のトレーナーを経て現在は施術院を開いている中川卓爾先生が考案したストレッチです。

このストレッチでは、基本的な考え方として身体のバランスを正常に保つことが大事だという考え方を持っています。ですから、ゴルフによるアンバランスで腰痛になってしまった方、また、今はそうではないが腰痛予防をしたいと思っている方にはぴったりです。

実際にどのようなストレッチなのか、もっと詳しい話を聞いてみたいと興味を抱いた方は、腰痛ストレッチの解説DVDの販売ページにあります説明を見に行くと、ここで紹介しているのよりももっと詳しいお話を読むことができます。

また、実際にストレッチを行ってみて腰痛が改善された方の声の紹介もあるので、より参考にできるかと思います。

当サイトがお薦めしている中川式腰痛治療法はこちらから
→http://www.youtuunaoru.com/

お薦めサイト一覧

■椎間板ヘルニアのブロック注射の効果を知りたい方はこちらのサイトへ。
椎間板ヘルニアとブロック注射の専門サイト

■脊柱管狭窄症を早く治したい方はこちらのサイトを今すぐご確認ください。
腰部脊柱管狭窄症を治すためのサイト

■ラブラドールレトリーバーの具体的なしつけ方法をご紹介
ラブラドールレトリーバー しつけ

新着情報

 2016年08月28日:TOP
 2016年07月13日:アクチベーターメソッドとは
 2016年06月17日:まずは運動をしよう